いったいいつになれば、幸せな生活を送れるのだろうか?

2020年、新しい年で、今年こそは絶対にいい年にしてみせると、普段は絶対にいかない初詣に行ってきました。ここ7年ほど初詣というか、神社すら行っていなかったのですが、今年こそは、どうしてもいい年を過ごしたいと思って、重い腰を上げて行ってきました。

新年早々つらい日々が続いている

元々ちょっとした鬱病を患っているのですが、新年早々うつの症状が悪化してきました。

あんまり気にすることはありませんでしたが、周りがあまりにも幸せに過ごしている方が多く、そんな人を見ると、「私なにやっているんだろうな…」など、考え込んでしまいます。

よく、「人は人」という言葉を耳にしますし、他人と比較をしたらキリがないということも聞きます。

しかし、私は癖でどうしても他人と比較してしまいます。あの人はあんなに幸せに過ごしているのに、私はどうしてここまで不幸せに過ごしているんだろうか…とか贅沢な悩みといえば、贅沢になってしまいます。

鬱病の症状はなれているので、「あぁ…またいつもの鬱の症状か…」ってなりますが、今回は、鬱+歯茎の病気にかかっています。

左上の奥歯あたりの歯茎が腫れまくっているんです。つばを飲み込むのも辛いですし、歯医者に行きたいですが、人気な歯医者なので、予約を取ることができません。

田舎に住んでおり、少し腕のいい歯医者はそこ以外ありません。そこ以外の歯医者で見てもらうぐらいなら、死んだほうがマシなのではと思うぐらいです。

2020年こそは健康で、病気せず過ごせますようにとお祈りをした

ここ数年恋愛運、金運、仕事運すべてにおいてよくありません。そして、健康運もかなり下がってきておりますので、この中でどうしても、健康運だけは上げたかったのです。

2020年こそは、「健康で過ごせますように」とお祈りをしました。ところが早速歯茎の調子が悪くて、夜眠りも浅く、毎朝ブルーな気持ちです。

いったいどういうことなのでしょうか?こんなにも不運が続く、運気が上がってこないってことありえるのでしょうか?

さすがにちょっとひいちゃうレベルで運が悪いです。どうすればいいのでしょうか?

別に私は人に迷惑をかけば覚えはありません。他人の悪口もほとんど言いませんし、自分でいうのもなんですが、そこそこいいことをしています。しかし、このありざまです…

もうこれは運命としか言いようがありません。ほんとに辛いです。

でも、絶対に死にたくありません。なぜなら、人生全然楽しんでいないからです。

死ぬぐらいだったら、人生楽しんでから死にたい

鬱病の症状がきついときは、死にたいとつい思ってしまいますが、基本私は死にたいと思いません。だって、人生全く楽しんでいないのですから。

ちょっとでも、楽しい人生を過ごしてきたなら、別にもういいかあ…人生疲れたらから死んでもいいやって思いますが、ホントに楽しんでおりません。

ちょっと最近ひどいんですよ。この人生。

もし、今死んでしまっても、死にきれずに絶対悪霊して幸せな人を呪ってやると思います。

というか、絶対に呪います。申し訳ないですが、まずは、幸せに笑っている人はすべて取り付きます。

むしろ、今死んでしまったら、絶対このようになってしまうので、周りに迷惑をかけてしまうので、死なない方がいいのです。

だから、少しでも幸せ1年を過ごさせてほしい。とりあえず、今歯茎の腫れが治まってほしい…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする